エラ削りで小顔を目指そう|口コミでわかる評判と効果

症例からわかること

女医

ごつごつしたフェイスラインを、滑らかに整えるにはエラ削りが一番効果を発揮してくれます。ただ、輪郭の施術は大きな治療になるため、失敗は許されません。最悪、理想とはほど遠い形になってしまうでしょう。美容外科の症例写真では、ベース型の顔がエラ削りのおかげで卵型に変身し美しくなっているのがわかります。これは医師の腕が高かったことが関係しているため、理想とする顔を手に入れるためにも医師の技術は画像を通じて知る必要があります。有名な美容外科では、サイト内で紹介している症例の数がかなりあり、どの症例も綺麗にエラがなくなっています。また、自分と近い骨格を探すことでどのような仕上がりにできるかがわかりますから、症例が多い美容外科のサイトを使って情報収集を行っていきましょう。このような美容外科は、エラ削りの手術の時にチーム体制で挑んでおり、担当医だけではなく麻酔医や看護師まで輪郭に関する深い知識を持っています。他の美容外科は、エラだけではなくアゴの整形にも携わっておりどちらも症例画像を掲載しています。加えて、施術別にリスクと副作用の説明や、後遺症の有無が詳しく説明されているのでとても参考になると評判です。最近では、画像に加えて症例を説明する動画を投稿するところも増えており、より内部まで知れるようになりました。さらに、エラ削りに関するコラムが載っているので、施術をする前に詳しい知識を取り込むことが簡単にできてしまいます。一方、近年はブログを使って症例写真を載せる体験者が増えており、こちらでも美容外科同様の情報を収集することができます。術前はエラが張っている画像で文章がつづられていますが、術後はエラがすっきりし別人になった様子を画像で確認できます。二つを見比べても、エラ削りのすごさを目の当たりにするでしょう。中には、エラ削りに対してまだ恐怖心が拭えない人もいますから体験者の症例写真は背中を押してくれます。

美容外科に掲載されている症例画像を参考にするためには、いくつか注意点があります。まず、誰しも症例画像のような見た目にはならないということです。これには骨格が関係しておりエラを削って形を整えることはできても理想と少々ずれる傾向にあります。そのため、再手術を希望するケースも少なくなく削りすぎることによる後遺症を考えて医師はお断りをしています。しかし、そのようなすれ違いが起きないためにも術後どのような仕上がりに出来るか症例を確認したり医師とのシミュレーションをしたりしますから、仕上がりに不満を感じることはありません。また、最良の方法でなるべく理想の形に近づけてくれますから医師の腕を信じましょう。