エラ削りで小顔を目指そう|口コミでわかる評判と効果

年々減っている

顔を触る女性

エラ削りをすることで、大きな顔を小さい顔に出来るようになりましたが、美容外科の技術は年々向上しており注射を使った施術が主流になっています。中でも小顔になれるボトックスは、気軽に出来る施術として高い人気を得ており若い人から中高年まで人気があります。エラ削りといえば、2.3日の入院が必ず必要で仕事やライフスタイルに影響を及ぼすことで知られていますが、リスクはかなりのものです。器官の中へ管を通すのに全身麻酔をしなければならず大がかりな治療として根付いています。口の中にあるエラの骨を実際に削るという行為で一か月は腫れてしまうでしょう。しかし腫れが引いた時に映る自分の顔は、見違えるように美しくなっているためやってよかったと心の底から思うわけです。とは言え、確実に顔が小さくなるエラ削りも、年々手術する機会が減ってきており寂しい限りです。ただ、効果があまり持続しないボトックスに嫌気がさし結局エラ削りをして永遠の小ささを手に入れる人もいますからまだ需要はあると判断することができます。

美容外科が中心に行なっているボトックスは、ボツリヌストキシンによる力でエラを隠せるもので、この菌が筋肉入り込むと動きが弱くなるためどなたでも小顔になることができます。エラの骨にある咬筋にボトックスを注射すれば、委縮をはじめエラが徐々に細くなります。しかも、ボトックスを使えば大変な思いをして咬筋を細くする必要がなくなりますからエラ削りをせず効果的に小さくすることができるわけです。通常、ボトックスは、施術をしてから半年しか効果が持続せず何度も打ち直す必要がありました。決して安くはない金額なので負担は相当なものでしょう。しかし、4.5か月のサイクルで打ち続けることで小顔効果を継続させられる点は助かります。ただ、コスパを意識するならやはりエラ削りで半永久的に小顔を手にいれたほうがその後のメンテナンスも不要になり、コストを削減することができます。どちらにしてもボトックスやエラ削りに対してメリットやデメリット、効果の有無は医師の口から聞くことが重要でしょう。医師は小顔施術にとても精通していますから、ネットよりも正確な情報を仕入れることができます。